▷ブラック企業に勤めている方

▷仕事を辞めたいと思っている方

▷会社を辞めたくても辞められない方

このページにはあなたが「知っておかなければいけない情報」が書かれています。

またこのページは常に最新の情報になるように随時更新を行なっております。

最終更新日:2019年9月22日

 

もし、これをご覧いただいているあなたがブラック企業に勤めているのであればぜひ最後までご覧ください。

これを読むこの時間が、あなたの人生を変える大事なターニングポイントになると思います。

 

パワハラ、セクハラ、暴力や暴言などがあるブラック企業。

サービス残業の強要、残業の慢性化、休日出勤。

ブラック企業にはいろんな種類があります。

また一見ブラック企業ではない「隠れブラック企業」も増えています。

求人に書かれいてる内容と給料や待遇が違う、威圧的ではなく断りにくい状況をつくって残業を強要、ひとりで処理できるはずもない仕事を押し付けられる過重労働など。

これらも総じてブラック企業です。

入社前にブラック企業だとわかっていたら誰も入社しませんよね。

しかし、実際は入社する前にその会社がブラック企業かどうかなんてなかなか判断できないものです。

これだけニュースになっているにも関わらず残念ながらブラック企業は日本中に存在しています。

 

ブラック企業は今すぐ辞める!「飛ぶ」という選択は大丈夫?

もしあなたがブラック企業に勤めているのであれば今すぐに辞めてしまいましょう

いいですか。

人生において、仕事をする時間というのは決して短くありません。

実務労働が例えば8時間だったとしても、拘束時間は9時間あり、なおかつ出勤準備や出勤の時間、帰宅までの時間を合わせると1日のうち12時間くらいは「仕事に費やしている時間」ではないですか?

それを毎日繰り返しているのです。

人生の中で仕事をしている時間、仕事に費やしている時間というのは非常に長いのです。

それだけ長時間費やしている仕事の時間が、辛く苦しい時間ばかりだったら?

あなたの人生のほとんどの時間が辛く苦しい時間で、我慢をする時間になってしまいます。

そんな人生でいいんですか?

そんな人生が豊かな人生なのでしょうか?

だれの人生も「有限」です。時間には限りがあります。

そんな大切な人生を時間を「そんな事(今のあなたの毎日)」に費やして良い人生だったと思えるでしょうか?

ブラック企業に勤めているあなたは今すぐにでもその会社を辞めて新しい生活を送るべきなのです。

仕事が原因でうつ病になる人や、中には自分で命を断つ人までいます。

仕事は大切ですが、それでも「しょせん仕事」です。

仕事なんかのための人生を壊す必要なんてないんです。

命より大切な仕事なんてないですし、残念ながらあなたがどれだけ仕事に、会社に尽くしたとしても会社はいざとなったら平気であなたをクビにするでしょう。

それが現実なのです。

しかし、、、

ブラック企業ほど、そう簡単に辞めることはできません。

なにかと理由をつけて退職を先延ばしされたり、退職届の受け取りを拒否してきたり、辞めると言い出しにくい空気だったり。

中には退職すると言うと「辞めるなら損害賠償を請求するぞ!」と脅してくる会社もあります。

そもそも上司が怖くて退職を言い出しづらい、言えないというパターンも少なくなりません。

辞めると言っても辞めさせてもらえない、辞めると言い出しにくい、言えない。

そんな時はどうすればいいでしょうか?

中には「飛ぶ」という選択をする人もいるでしょう。

飛ぶというのは、会社に連絡をせずにそのまま出社しない、会社に連絡をせずに辞めるということです。

最悪、それでも仕方ないと思いますが、この「飛ぶ」という行為をしてしまうとあとあと面倒なことになってしまいます。

会社が連絡が取れないからと自宅に来たり、鬼電をしてきたり、最悪の場合実家などに連絡をするケースも。

また飛んで辞めた場合は離職票などの発行もしてもらうことができないことが多いため、再就職の時に何かと面倒になってしまいます。

最悪の場合はそれも選択肢としてはありますが、最善の辞め方とは言えません。

やはり最低でも「辞める」という意思をしっかりと企業に伝えておくべきです。

それをするのとしないのとでは、あとあとの面倒臭さが大きく変わって来ます。

 

 

今すぐにでも辞めたい・・・けど辞めることができない。

飛ぶという選択は、トラブルになる可能性があるからやりたくない。

どうすればいいんだ・・・。

そう悩み苦しんでいる人が社会にはたくさんいます。

そんな人に最高のサービスをご紹介しましょう。

あなたの代わりに会社に退職を伝えて退職の手続きをしてくれる人がいたら?

もしそんな人がいたら、あなたは飛ぶ必要はなくなりますよね。

しっかりと会社にあなたの退職の意思を伝えることができ、その日から会社に行く必要がなくなります。

明日から、早ければ今日からあなたは「自由の身」です。

そして「そんなことをしてくれる人」がいるという事を知ってください。

 

 

あなたの代わりに会社に退職を伝え手続きしてくれます

あなたはもう会社に電話する必要はありません。

あなたの代わりに会社にあなたが退職する事を伝え、退職の手続きをしてくれます。

それが「退職代行サービス」です。

最近テレビでもニュースになったりしているので知っている人も多いと思いますが、あなたの代わりに会社に退職の意思を伝え退職の手続きを代行してくれるサービスが退職代行サービスです。

え?退職の代行を依頼しても大丈夫なの?

と心配になったかも知れませんが、安心してください。

詳しく説明させていただきます。

この退職代行サービスを使えば、あなたがやることはたったひとつです。

「退職代行サービスに連絡して、依頼をする」

これだけでもうあなたは会社に連絡をする必要もなく無事に会社を辞めることができます。

あなたは即日退職することができるのです!

あなたは退職代行サービス会社に以下の事を伝えます。

・いつ辞めたいか(即日可能)

・誰に伝えればいいか?

・会社に私物があるか?(郵送を依頼するか)

・会社に返却すべきものはあるか?(会社に郵送でOK)

主にこれだけ伝えればいいだけです。

離職票の発行を依頼したい場合はそれも伝えておけばいいでしょう。

あとは退職代行会社が、会社に連絡をして、あなたが辞めるということ、そして会社にある私物は郵送するように依頼をしてくれます。

会社への連絡が終わればあなたへ報告があります。

これであなたは晴れて自由の身です。

もう会社に連絡する必要も、会社から連絡がくることもないでしょう。

ブラック企業とはこれでお別れできるのです。

もちろん、ブラック企業でなくとも自分で会社に退職を伝えることができないという理由でも依頼することができます。

 

今すぐ退職代行サービスに申し込む人はこちら

 

 

違法性はないの?損害賠償は請求されない?

退職代行サービスを使ったとしても、いきなり(即日)会社を辞めても違法になるのでは?

また会社から「損害賠償を請求してやる!」と言われて不安に思う人もいるかもしれません。

詳しく説明させていただきます。

まず、いきなり(即日)会社を辞めることに違法性があるかないかについてですが、結論からいうと「違法性はない」です。

よく就業規則に退職は1ヶ月以上前に書面にて告知をするように、となっているから1ヶ月以上前に告知をしないといけないと思っている人もいるようですが、就業規則はあくまで「その会社が勝手に決めたルール」です。

会社が勝手に決めているルールを守る必要はありません。

またそもそも会社を辞めるか辞めないかを判断することができる権利は労働者にあるのです。

あなたが「辞める」と判断したのであれば、会社はそれを拒否することはできません。

なので、即日にあなたが会社を辞めたとしても違法性はなく、あなたはあなたが持っている権利によって会社を辞めたにすぎません。

 

次に「すぐに辞めるなんて迷惑だ!損害賠償を請求してやる!」と言われた場合。

これはブラック企業ではありそうなセリフですよね。

まずすぐに辞めて会社に迷惑をかけたという理由で損害賠償なんて請求できるわけがないので安心して下さい。

万が一、本当に会社が訴えようと弁護士のところに言ったとしても弁護士は「損害賠償なんて請求できるわけないよね」と言って帰らせるでしょう。

会社側が従業員を訴えるなんてことはよっぽどのことがない限りできません。

例えば以下のようなケースであれば損害賠償請求をしてくる「かも」しれません。

・会社の機密情報や個人情報を故意に流出させた場合

・会社のお金や備品を横領した場合

もしこのような事をしていたのであれば、損害賠償請求をしてくる可能性はあります。しかしその可能性は本当に低いでしょう。

なぜならそんな裁判をしたところで会社側になんのメリットもないからです。

ただ裁判費用がかかって時間とお金を無駄にするだけなのですから。

 

 

ブラック企業が何を言ってきてもバカは相手にしない

あなたが即日退職をしたとして、ブラック企業側が何かを言ってくる可能性はわずかですがあります。

基本的には退職をすることが決まっているわけですから何を言っても同じなので何かを言ってくることは実際にはほとんどありません。

万が一連絡があったとしても、退職代行サービスを使って辞めた場合は、もう会社からの電話はとらないようにしましょう。

会社の私物は郵送してもらう。

あなたが持っている会社の備品は郵送して返す。

これだけです。

また、もし電話をとるようなことがあるのであればその電話を録音しておきましょう。

今はスマホアプリで通話を録音できるアプリがあるのでそれを使って録音して話をします。

そして相手が何か問題発言をしたのであれば「ちなみにこの電話録音しているので」というと相手は黙るでしょう。

一番良いのは電話に出ないことです。

もう辞めると言っているにも関わらず、それでも文句を言ってくる「バカ」なんか相手にしなくていいです。

あなたは退職代行サービスを使って「正式に」会社を辞めると伝えているのですから、最低限のルールは守っています。

それにも関わらず何か言ってきたり何か問題があるようなことがあれば労働基準監督署に通報するか、場合によっては警察に通報しましょう。

とにかく「バカは相手にしない」につきます。

そんなバカを相手にする時間は勿体無いですので、さっさと次の転職先を探すなど有意義に時間を使うようにしましょう。

 

 

退職代行サービスに違法性は?大丈夫なの?

 

そもそも退職代行サービスなんて聞いたことがない、大丈夫なの?

と心配に思われる方もいるかも知れませんが安心して下さい。

すでにNHKでも特集されたり、他のニュース番組でも多く取り上げられているほど認知が上がってきています。

退職代行サービスは違法なのでは?と思うかもしれませんが「違法ではありません」ので安心して下さい。

極端にいえば、退職代行サービスはあなたの「代わり」に会社にあなたが退職しますよという意思を伝えているだけです。

それで会社を辞めることも違法ではないですし、伝える退職代行サービスも違法ではありません。

しかし、例えば退職をするにあたって会社を訴えたりなど「会社との交渉」は退職代行サービスにはできません。

会社と「交渉」するとなると、それは弁護士の仕事になり退職代行サービスが交渉をするとそれは非弁行為となって違法行為になります。

しかし、ただ退職を意思を伝えて手続きをするだけなので退職代行サービスは全く違法性はないのです。

そして現時点で退職代行サービスを使ったからといって申込者が訴えられたケースも、退職代行サービス会社が訴えられたケースもありません。

安心して申し込みをして大丈夫です。

 

今すぐ退職代行サービスに申し込む人はこちら

 

 

退職代行を依頼した時に費用は?いくら必要なの?

退職代行サービスを使えば、あなたは退職代行サービスに連絡をして、希望を伝えるだけで、あとは退職代行サービスがあなたの代わりに会社側に退職の意思を伝えて退職の手続きをしてくれます。

退職代行サービスに依頼をした時点で、あなたはもう会社側に電話をする必要はありません。

その時点であなたはもう「自由」です。

悩み苦しんだ毎日から解放されることができます。

もしこの退職代行を弁護士に依頼した場合、いくら必要になるでしょうか?

弁護士の場合は主に以下のように料金が発生します。

・相談料

・着手金

・成功報酬費用

最低でもこの3つは料金が発生します。

まず相談料は弁護士の平均は1時間5千円〜1万円ですね。

次に着手金は10万円は必要でしょう。

さらに退職が成功した場合、さらに10万円は必要になると思います。

安く見積もっても20万円ほどは必要になると思います。

悩み苦しい毎日から解放されるという意味では20万円でも安く感じる人もいるでしょうが、それでも20万円はやっぱり高額ですよね。

弁護士の場合、これからさらに条件などが追加されるとさらに料金は高くなります。

弁護士資格を持っているのですから仕方がないといえば仕方ありませんが。

ただ「会社を辞める」ということをわざわざ弁護士に依頼をするのも考えものです。

会社に弁護士から連絡があったとなると、まず間違いなく大事になるでしょうし、すんなり辞められるものも辞められなくなる場合もあるでしょう。

なので「会社を辞める」ということが目的なのであれば退職代行サービスに依頼をすることが最善な方法と言えます。

 

そして気になる退職代行サービスに代行を依頼した時の料金についてですが、この退職代行サービスはまだできたばかりのサービスで事業者が少ないです。

少ない事業者の中でも平均的な料金は「5万円〜」となっています。基本料金が5万円でその他のオプションがつくというのが多いですね。

中には10万円の料金の退職代行サービスもあります。

弁護士に依頼をするよりも半額以上安くなりますね。

しかしどこの退職代行サービスも「目的は同じ」です。

どこの退職代行サービスに依頼をしても退職をする、という目的には代わりなく、おそらくどの退職代行サービスに依頼をしても退職はできるでしょう。

(ただ個人がひとりでやっているサービスもあるのでそのようなサービスは避けた方がいいですね)

そうなると「できるだけ安いところに依頼したい」を思うのは当然の考えだと思います。

そこで、退職代行サービス業者の最安値の会社を調べてみました。

退職代行サービスで、口コミで評判が良く、なおかつ実績もしっかりあるサービスに限定して調べたところ、

業界最安値3万円(税込)ぽっきり

のサービスを見つけることができました。

オプション料金など一切なく、3万円(税込)で退職代行をしてくれます。

3万円という費用は発生しますが、それで得られるものはなんでしょうか?

・毎日の悩み苦しみからの解放

・ストレスを受け続けた毎日からのお別れ

・爽快で明るい明日を迎えることができる喜び

もし今ブラック企業を退職しなければ1日1日苦しく辛い毎日を繰り返すだけです。

そう考えると決して高い料金ではないと思いませんか?

退職代行サービスSARABA(サラバ)という代行会社なのですが、口コミでも評判が良く(安いと評判でした)、なおかつ実際に利用した人も丁寧に対応してくれて安心できたとオススメされていました。

また実績が非常に多いのも印象的でした。

おそらく業界最安値なので、多くの人がこのSARABA(サラバ)に依頼しているのだと思います。

またSARABA(サラバ)は業界で唯一「24時間対応」してくれる代行会社です。

この24時間、いつでも申し込めるのも、ブラック企業に勤めている人からすれば嬉しいですよね。

ということで、今すぐ会社を辞めたい人で退職代行サービスを使う場合はこのSARABA(サラバ)が一番安く、なおかつ安心して頼める代行サービスです。

退職代行サービスを利用するなら今すぐSARABA(サラバ)に連絡をしてみましょう。

1日でも早くブラック企業を辞めて明日から爽快で明るい毎日を取り戻しましょう!!

 

 

 

ブラック企業を辞める方法まとめ

いかがでしたでしょうか。

これが今日、今すぐブラック企業と絶縁する方法です。

このブラック企業を退職代行サービスを使って辞める方法をまとめてみましょう。

 

・即日退職しても違法性は全くない

・即日退職しても損害賠償請求はできない

・退職代行サービスを使って即日辞めることができる

・代行サービスは違法ではない(利用者も)

・代行サービス最安値は3万円(税込)ぽっきり

・SARABA(サラバ)は実績も多く評判も良い

・代行サービスを使うならSARABA(サラバ)がおすすめ

 

あなたが今すぐブラック企業を辞めるためにしなければいけないことは、

代行サービスSARABA(サラバ)に連絡をする

たったこれだけです。

あとは代行会社が退職の手続きをしてくれます。

もう会社に出社する必要も電話する必要もありません。

スパっとブラック企業との関係を絶縁できます。

まずは相談からでも大丈夫ということですので、連絡をしてみましょう。

今、ここであなたが連絡をするだけであなたの明日が確実に変わります

 

退職代行サービスSARABA(サラバ)

https://taisyokudaikou.com/